債務整理とは


債務整理とは

クレジットや消費者金融による多重債務の整理方法として、通常は、
任意整理、
個人再生、
自己破産という方法を用います。

 

まず自分の借金の残高を確定させる


弁護士や認定司法書士が委任を受けた場合、業者に対して事件を受任したことを伝え、また、取引当初からの履歴の開示を求めます。

次に、業者からの取引履歴を基に再計算を行い負債額を確定します。

再計算の結果、実は業者に対して金利を払い過ぎていた事が判明することもあります。 

 

支払って解決できるか考える


債務者本人の年齢、職業、収入状況、親族またはスポンサーからの援助の可能性等を考えながら、まずは返済する方向で債務整理をできるか考えます。

1)確定した負債全額を一括で支払えるのなら、そうする。

2)まとめて支払うのが困難なら、任意整理を考えてみる。

3)任意整理での解決も難しい場合どうするか?→個人再生手続を考えてみます。

任意整理と違い、個人再生手続は確定した債務残高の一部がカットされます(例えば、500万円の債務が100万円に圧縮される)。

500万円だと任意整理での解決は難しい場合でも、個人再生手続を用いて借金が100万円に圧縮されるなら分割返済での解決が可能となるかもしれません。

支払わずに解決

任意整理、個人再生は支払って解決を図る方法でした。

この2つの方法を用いることができない最後の救済手段として自己破産があります。

こちらの記事もどうぞ