陳述書の作成その1/個人再生


今回の記事は、この記事の続きになります。

再生手続開始申立書への記入を終えたら、続いて「陳述書」の作成に移ります。聞かれていること、書かれていることに対して、説明・回答する形になっています。陳述書から各項目を抜き出して、まずは全体構造を見てみましょう。 陳述書の全体構造/大阪地裁の書...
個人再生の陳述書 - Oishi Solicitor & Immigration Lawyer Office...

ここでは、個人再生の陳述書の「全体構造」を眺めてみました。

今回から、陳述書をどう作成していくかについて説明していきます。

分量が多いので、数回シリーズで、ブロックごとに分けて解説します。

 

陳述書の作成その1/冒頭部分

今回の説明箇所は、赤囲みの部分になります。

抜き出して見てみましょう。

001-002 (2)

解説

005-006 (3)

①の部分

陳述者の氏名と満年齢を記入します。

「別名」は、通名を使用している場合や、個人事業を営んでいて屋号を使っている場合は、それを記入します。

 

②の部分

添付書類に住民票を付けるので、「住民票のとおり」にチェックを入れて、郵便番号を記入する。

外国人住民の方も、「住民票のとおり」欄にチェックを入れればよいと思います。

「外国人登録原票記載事項証明書」は廃止されたので、この記載は、次回の書式バージョンアップで訂正されると思います。

今住んでいる場所が、住民票の場所と異なる場合は、「居所」とその郵便番号を記入します。

連絡先電話番号は、携帯電話で構いません。

 

③の部分

営業所とは、個人事業等を営んでいる場合その本拠があると思うので、有にチェックを入れ、その所在地を記入する。

商売等をしていなければ、無にチェックを入れる。

 

④の部分

たとえば、夫婦で個人再生を申立て、夫の手続が先に裁判所に継続している場合、その事件番号・夫の氏名・続柄を記入します。

 

⑤の部分

印紙の額は1万円なので、「1万円」と記入する。

予納郵券額は予め裁判所に問い合わせてから記入する。

私は裁判所に提出する直前に記入しています。

 

次回は、陳述書「第1 職業,収入の額,内容等」を説明します。

 

大石司法書士事務所では債務整理の無料相談を実施しています。

If you want to ask about visa,naturalization,starting your business,and translation, etc, please email to my office from the form below.I can provide you with a wide variety of legal services such as real estate registration, establishing your com...
INQUIRY - Oishi Solicitor & Immigration Lawyer Office...

 

 

こちらの記事もどうぞ