任意整理の流れ


任意整理の流れ

任意整理の手続きはどのように進むのでしょうか。

以下、順に見ていきましょう。

1.債務者からの聴き取り

どの業者からいくら借りたか、

いつ借りたか、

毎月の返済額はいくらか、

最後に返済した日はいつか、

債務者の収入資産状況を聴き取ります。

 

2.債務者(ご依頼者様)と委任契約を結ぶ

聴き取りを経た上で、任意整理で借金を整理するとの方向性が決まったら、契約書を取り交わします。

 

3.債権者に対して介入通知を送付=債権調査

委任契約を結んだら、直ちに、司法書士は「受任通知」を債権者に宛てて送付します。

この通知が債権者に届くと、貸金業規制法に関する金融庁の事務ガイドラインに基づき、債権者から債務者に対して直接的な取立ては止まります。

 

4.債権者からの取引履歴の開示

受任通知を債権者に送ってから、約2週間ほどで、今度は債権者から、取引履歴が送られてきます。

 

5.取引履歴を利息制限法にしたがって、引き直し計算

利息制限法改正前の取引については、払いすぎた利息がある場合がありますから、今の借金の額よりも減額される場合もありますし、借金がゼロになり、過払金の返還請求ができる場合もあります。

 

6.債務額の確定

債務(借金)の額を確定させ、自分の正確な負債額を把握します。

 

7.弁済案の作成

親族やスポンサーなどから援助が得られて、一定のまとまった資金調達が可能な場合は、一括弁済案を作成します。

それが困難な時は、毎月の収入より家族の生活に必要な経費を差し引いて、返済に充てられる金額を返済原資として、各業者の債権額に応じて毎月弁済していく分割弁済案を作成します。

分割弁済の場合、3年から5年で返していけるかどうかが目安です。

 

8.債権者との交渉

弁済案を提示し、債権者と交渉します。

 

9.弁済案に対する債権者の同意

債権者の同意を得られるかが最大のポイントです。

任意整理はこちらから、分割返済を「お願い」するものですから、きちんと債権者の同意を得ることができる弁済案を作成しなければなりません。

 

10.和解書(示談書)の取り交わし

債権者から同意があれば、今後の返済について和解書(示談書)を取り交わします。

 

11.弁済の開始

弁済を開始します。

債権者が指定した口座へ銀行振り込みで送金するケースがほとんどです。

こちらの記事もどうぞ