任意整理とは


任意整理とは

業者との話し合いによって借金を整理する方法です。

裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士や認定司法書士(代理権の範囲は制限されます)が債務者の代理人となって分割弁済の交渉をまとめます。

弁護士や認定司法書士が債務者の代理人となるので、債務者自身は業者と交渉する必要はありませんし、直接的な取立ては止まるので、心理的な負担もなくなり経済生活の再建に集中することができます。

任意整理では、クレジット・サラ金業者ごとに取引履歴を調査して、利息制限法に基づいて残りの債務額を計算し、債務者の収入の範囲内で一括または分割弁済の交渉を行います。

弁護士や認定司法書士が代理人として任意整理を行うときは将来の利息はつけさせないので、返済を続けていけば確実に債務はなくなります。

任意整理の目安は、残債務額を3年から5年の分割払いで返済できるかどうかです。

「5社から借金をしているけど、そのうちの2社の返済額がきついので、それだけ任意整理できませんか」と尋ねられることがあります。

答えは「できる」とも「できない」とも言えます。

全社まとめて整理しないといけない決まりはありませんから、柔軟な対応もできるのですが、私個人としては一部だけの任意整理というのはあまり感心しません。

その人の収支バランス等をよく見極めた上で判断することにしています。

こちらの記事もどうぞ