給与を差し押さえられても諦めないで


komatta

裁判所から、突然、「債権差押命令」が届いたら驚きますよね。

あなたが、支払いを失念していたり、長年放置していた借金について、ついに取り立てが始まったことを意味します。

多くの場合、あなたが勤務先に対して有する債権、つまりあなたの給与や賞与が差し押さえられることになります。

差し押さえられたら、もうどうにもならないのか?

そんなことはありません。差押も裁判手続きの一環なら、法律や裁判手続きを用いてその差押に対抗することも可能な場合があります。

例えば、あなたが、差押債権者以外にも他の会社等からも借金がある場合、個人再生を用いて債務整理をすると同時に差押の停止・取消をすることも可能です。

給与が差し押さえられてから相談に来られた方で、個人再生を用いて解決への道筋をつけることができたケースもあります。お困りの方は、ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちらまで。
電話 06-6632-5011
事務所に不在の場合は私の携帯電話に転送されますので、そのまま鳴らしてください。
転送料はこちらの負担となります。
メールでのご相談は、無料相談ページのフォームからお願いします。 こちら

こちらの記事もどうぞ