債務整理を誰にお願いするか?


 

107456

債務整理を誰に依頼したらよいか?

 知り合いが債務整理の経験者で、その人の意見を参考にできるのであればいいのですが、人には知られずに自分で専門家を見つけたいという方も多くいらっしゃると思います。

 いくつか私なりにポイントをあげてみます。

 

①聴き取りを丁寧にしてくれるか?

専門家が一方的に自分の意見を押し付けるのはNGです。

相談者さんの状況をよく聴き取った上で、どういう方針で臨むか、選択肢を示し、それぞれのメリットやデメリットを説明してくれる先生を選ぶとよいでしょう。

 

②費用の説明をきちんと行ってくれるか?

費用が高い、安いという点は、何とも言えません。

弁護士や司法書士に支払う報酬や、相談者さんが債務整理を依頼した場合にかかる印紙代等の実費について事前にきちんと説明してくれる人を選びましょう。

 

③進み具合を定期的に連絡してくれるか?

進捗状況の連絡があるか。

この点も、依頼前に説明してくれる先生が好ましいと思います。

重要な局面では、依頼者さんの意思を確認して手続きを進める必要があります。

依頼人の意向を無視して、勝手に自己破産で手続きを進め懲戒処分を受けた司法書士もいますので、この点はとても大事だと考えます。

 

④必要な書類の揃え方、書き方を説明してくれるか?

個人再生や自己破産では、特に司法書士の場合、本人申立ての援助という形でお手伝いすることになります。

主体は依頼者さんになりますから、こちらで勝手に陳述書等を作文するわけにはいかず、依頼者さんに作成していただくことになります。

しかし、どう記載してよいか説明をせず、ただ用紙を渡して、いついつまでに持って来てという先生はあまり好ましくありません。

必要であれば、サンプルを渡し、依頼者さんに分かりやすく指導してくれる先生だといいと思います。

 

以上、まとめてみました。

 

大石事務所では無料相談実施中です。

お問い合わせはこちら電話またはメールから。

電話 06-6632-5011

事務所に不在の場合は私の携帯電話に転送されますので、そのまま鳴らしてください。

転送料はこちらの負担となります。

メールでのご相談は、こちらからお願いします。

こちらの記事もどうぞ